Visual Studio CommunityでUnity開発

久々に Unity をいじるので環境回りから再構築してみる。
とりあえず標準の MonoDevelop はものすごく使いにくいので、IDE は Visual Studio にしたい。
ということで OS は Macbook Proに BootCamp でインストールした Windows8.1。

Visual Studio で Unity の開発/デバッグを可能にする、Visual Studio 2013 Tools for Unity が無償提供されたとのことなのでさっそくインストール…と思いきや、どうやら拡張機能が使えない Express では使えない模様。

が、しかし去年の11月に Visual Studioに Visual Studio Community 2013 という新しいエディションが追加され、これが Professional相当の機能を持つ上に個人開発者であれば無償/有償アプリに関わらず無制限で開発が可能ぽい。(企業利用は Express より制限高め)

■ まず Unity をインストール。 (現バージョンは4.6.1)

http://japan.unity3d.com/unity/download/

■ Visual Studio Community 2013 をセットアップ。

http://www.microsoft.com/ja-jp/dev/products/community.aspx

日本語LanguagePackもダウンロードしてインストール。

メニューの [Tools] -> [Options…] -> [Environment] -> [International Settings] Language を「日本語」にして Visual Studio を再起動で日本語化完了。

■ Visual Studio 2013 Tools for Unity をセットアップ。

http://msdn.microsoft.com/ja-jp/dn833194.aspx
セットアップが終わったら Unity 起動。

メニューの [Assets] -> [Import Package] -> [Visual Studio 2013 Tools] でインポート。

新規プロジェクトなら、Create New Project の Import the following packages で最初から選択も可能。

Unity 3DでSnake Game

Unity で Snake Game を習作してみた。 v0.01
http://tukanpo.net/games/Test001Web/Test001Web.html

Unity Web Player | Test001 2014-09-13 23-04-16 2014-09-13 23-04-24

太古のゲームを今そのまんま遊ぶには辛いので、ちょっと難しくしてみたけどまだ足りない感じ。 今のままだとぬる過ぎる上に、スタートしてからゲームとして面白い難易度に到達するまでの時間が長すぎる。

そのうち敵を追加したいので、あえてスピード上昇は入れてない。
ジャンプとか、リスクのあるアイテムを増やすのもいいかも。

スクリプトエディタは、標準の MonoDevelop が非常に使いづらいので、こちらを参考に Visual Studio Express に乗り換えてみた。

参考:「【Unity】UnityエディターをVisual Studioに変更

今回試してみた環境は Unity 4.5.3f3 だが、下記の 「External Script Editor Args」 は空欄にしておかないと怒られるので注意。

Unity Preferences 2014-09-13 23.54.50

さくらVPSにWordPress導入とMinecraftサーバーを立ち上げるまで 02

前回

■Minecraftサーバー インストール

参考サイト
さくらのVPS(CentOS)でMinecraftマルチサーバを建てる

やぎにいどっとこむ » さくらのVPSをかりてみました。 Minecraftのサーバもそこに立ててみました。

Javaのインストール

[tukanpo]$ sudo yum install -y java-1.7.0-openjdk.x86_64
[tukanpo]$ sudo yum install -y java-1.7.0-openjdk-devel.x86_64
[tukanpo]$ java -version (確認)

screenのインストール

[tukanpo]$ sudo yum install -y install screen

iptablesの設定

[tukanpo]$ sudo yum list installed | grep iptables
[tukanpo]$ sudo vi /etc/sysconfig/iptables
下記を追加(新規ファイル)
*filter
:INPUT DROP [0:0]
:FORWARD DROP [0:0]
:OUTPUT ACCEPT [0:0]
-A INPUT -m state –state ESTABLISHED,RELATED -j ACCEPT
-A INPUT -p icmp -j ACCEPT
-A INPUT -i lo -j ACCEPT
-A INPUT -m state –state NEW -m tcp -p tcp –dport 10022 -j ACCEPT
-A INPUT -m state –state NEW -m tcp -p tcp –dport 80 -j ACCEPT
-A INPUT -m state –state NEW -m tcp -p tcp –dport 25565 -j ACCEPT
COMMIT

[tukanpo]$ sudo /etc/init.d/iptables restart

Minecraft serverのインストール

[tukanpo]$ mkdir minecraft
[tukanpo]$ cd
[tukanpo minecraft]$ wget https://s3.amazonaws.com/Minecraft.Download/versions/1.8/minecraft_server.1.8.jar
好きなバージョンを。URLはここからコピペ。
今回はリリースされたばかりの MineCraft ver1.8 を導入。

[tukanpo minecraft]$ mv minecraft_server.1.8.jar minecraft_server.jar
[tukanpo minecraft]$ wget -O minecraft “http://www.minecraftwiki.net/wiki/Tutorials/Server_startup_script/Script?action=raw”

[tukanpo minecraft]$ vi minecraft
#Settings
SERVICE=’minecraft_server.jar’
OPTIONS=’nogui’
USERNAME=’tukanpo’
WORLD=’world’
MCPATH=’/home/tukanpo/minecraft’
BACKUPPATH=’/home/tukanpo/minecraft/backup’
MAXHEAP=2048
MINHEAP=1024
HISTORY=1024
CPU_COUNT=1
INVOCATION=”java -Xmx${MAXHEAP}M -Xms${MINHEAP}M -XX:+UseConcMarkSweepGC \
-XX:+CMSIncrementalPacing -XX:ParallelGCThreads=$CPU_COUNT -XX:+AggressiveOpts \
-jar $SERVICE $OPTIONS”

[tukanpo minecraft]$ mkdir backup
[tukanpo minecraft]$ chmod 700 minecraft

起動確認

[tukanpo minecraft]$ ./minecraft start
Starting minecraft_server.jar…
minecraft_server.jar is now running.

よし、接続テスト

Minecraft 1.8 2014-09-03 16-41-03 2014-09-03 16-41-06

うん…

ポートも通っているようだけど何故か接続出来ない。
minecraft server のログを確認

[tukanpo minecraft]$ cd logs
[tukanpo logs]$ vi latest.log
You need to agree to the EULA in order to run the server. Go to eula.txt for more info.

よく見たらminecraftディレクトリの直下に eula.txt というものが。
中のフラグを faulse から ture に変更。

eula=true

その後、クライアントから確認すると変化があって、”old” のエラーに。
バージョンもあっているけどおかしいなと思いつつ鯖再起動してるうちに直った。
eula.txt は、Minecraft ver 1.8 で追加されたのか、それ以前からなのか不明。

Minecraft 1.8 2014-09-03 17-54-37 2014-09-03 17-54-39

なんだかんだでここまでで3日かかる。

一度minecraft serverを停止してserver.propertiesを編集
[tukanpo minecraft]$ ./minecraft start
[tukanpo minecraft]$ vi server.properties
人数を20人に設定
max-players=20

最後に参考サイトに従って起動設定

[tukanpo minecraft]$ sudo cp ./minecraft /etc/init.d/
[tukanpo minecraft]$ sudo chmod 755 /etc/init.d/minecraft
[tukanpo minecraft]$ sudo /sbin/chkconfig minecraft on

バックアップのcron設定は後日

さくらVPSにWordPress導入とMinecraftサーバーを立ち上げるまで 01

Minecraft鯖は昔導入済だったが、一度消してしまったので作業ログを取りながらもう一度トライ
ローカル環境はmac

■最初

ブラウザ
さくらVPSコントロールパネル

https://secure.sakura.ad.jp/vpscontrol/main/

OS再インストール
デフォルトのCentOS 6.5

リモートコンソール
rootでログイン

■作業用ユーザーの追加

[root]$ useradd tukanpo
[root]$ passwd tukanpo
[root]$ usermod -G wheel tukanpo

※サーバー名と作業用ユーザーを同じにしてしまって紛らわしいので
後で作業用ユーザーをtukanpoから変えたい。

■sudoの設定

[root]$ sudo vi /etc/pam.d/su
コメント削除
# auth required pam_wheel.so use_uid

[root]$ sudo vi /etc/login.defs
追加
SU_WHEEL_ONLY yes

[root]$ sudo visudo
コメント削除
%wheel ALL=(ALL) ALL

[root]$ vi /etc/ssh/sshd_config
下記に変更
PermitRootLogin no
PasswordAuthentication no

[root]$ /etc/init.d/sshd restart

[root]$ exit
tukanpo でログイン

■sshの設定

[tukanpo]$ sudo vi /etc/ssh/sshd_config
ポート番号変更
Port 10022

[tukanpo]$ mkdir ~/.ssh
[tukanpo]$ chmod 700 ~/.ssh
[tukanpo]$ ls -la (確認)

ローカル(mac)での作業
macのターミナルで行う。

[local]$ ssh-keygen
Enter file in which to save the key (/Users/Tukanpo/.ssh/id_rsa):
Enter passphrase (empty for no passphrase):
Enter same passphrase again:

[local]$ cd .ssh
[local]$ ls -la (確認)

[local .ssh]# scp -P 10022 id_rsa.pub tukanpo@133.242.129.34:~/.ssh
Are you sure you want to continue connecting (yes/no)? yes

※ Warningで怒られたら .ssh ディレクトリの下の known_hosts の該当行を削除する。

それでも怒られた↓
Permission denied (publickey,gssapi-keyex,gssapi-with-mic).

サーバー側のこれが駄目だった模様
/etc/ssh/sshd_config
PasswordAuthentication no

※よくわからないので一時的にyesにしてsshdをrestart
成功

今度はサーバー側の作業

[tukanpo .ssh]$ cat id_rsa.pub >> authorized_keys
[tukanpo .ssh]$ chmod 600 authorized_keys

ローカルから接続確認
[local]# ssh -p 10022 tukanpo@133.242.129.34

[tukanpo .ssh]$ rm id_rsa.pub

以降はMacにJellyfiSSHをインストールしてsshで接続

■php, apache, mysql インストール

参考サイト
さくらVPSで10分でwordpressの設定をする

さくらのVPSに「黒い画面」でWordPressをインストールする(1)

[tukanpo]$ sudo yum update
[tukanpo]$ sudo yum install -y mysql-server php php-devel php-mbstring php-mysql php-pdo php-xml php-gd httpd

[tukanpo]$ sudo vi /etc/my.cnf

下記をmy.cnfの一番下にコピペ
[mysqld]
skip-character-set-client-handshake
character-set-server = utf8
collation-server = utf8_general_ci

[client]
default-character-set = utf8

[mysqldump]
default-character-set = utf8

[mysql]
default-character-set = utf8

各種設定とかデーモン起動とか

[tukanpo]$ sudo /etc/init.d/mysqld start
[tukanpo]$ mysqladmin -u root password [パスワード]
[tukanpo]$ create database wordpress default character set utf8;

[tukanpo]$ sudo vi /etc/httpd/conf.d/virtualhost.conf
下記を追加(新規ファイル)

DocumentRoot /var/www/html/wp/wordpress
DirectoryIndex index.php

[tukanpo]$ sudo /etc/init.d/httpd configtest
[tukanpo]$ sudo /etc/init.d/httpd start

[tukanpo]$ sudo mkdir /var/www/html/wp
[tukanpo]$ cd /var/www/html/wp
[tukanpo wp]$ sudo wget http://ja.wordpress.org/wordpress-3.9.2-ja.tar.gz
[tukanpo wp]$ sudo rm wordpress-3.9.2-ja.tar.gz
[tukanpo wp]$ sudo chown apache:apache -R wordpress

ブラウザ

http://www.tukanpo.net

あとはこの画面から設定して終了

WordPress › エラー 2014-09-03 13-46-58 2014-09-03 13-47-02

※reboot時に自動起動する設定を忘れていた
[tukanpo]$ sudo /sbin/chkconfig httpd on
[tukanpo]$ sudo /sbin/chkconfig mysqld on

これで確認
[tukanpo]$ sudo /sbin/chkconfig –list